歯科処置

○ 歯 石 除 去

ワンちゃん・ネコちゃんのお口の中のぞいたことはありますか?
歯の周りに、黄色いものがくっついていたり、歯茎が赤くなったりしていませんか? 歯周病は、3歳以上のワンちゃん・ネコちゃんのうち8割がかかっているといわれています。

 唾液や食物が歯に蓄積し、細菌が増殖すると、歯垢となります。それを放置すると歯石となり、やがて歯肉に炎症を生じさせます(歯肉炎)。炎症の進行とともに、歯肉や歯を支えている組織が破壊され、痛みを感じるようになります(歯周炎)。

 歯肉炎などの軽い症状のうちは、歯垢・歯石を取り除き、歯のまわりを清潔にすれば治りますが、重い場合には歯を抜いて治療するケースもあります。歯がぼろぼろになって、あごの骨まで溶かしてしまう前に、歯磨きや口腔ケア、歯科チェックを定期的に心がけましょう。歯周病とともに引き起こされる感染症は、心臓や肝臓、腎臓のような重要な臓器に広がってしまうこともあり、注意が必要です。

歯科診察・麻酔下処置の流れ

 口腔疾患の治療は、一般的に以下のような流れで治療を行います。

1 診察
 お口の中を診察します。どのくらい歯垢・歯石の付いているのか、歯肉が赤くなったり
腫れたりしていないかなどを確認します。歯科処置が必要と判断されたら、麻酔下での処置となるため、麻酔前検査を行います。

2 麻酔前検査
 ワンちゃん、ネコちゃんの歯科処置は、全身麻酔をかけて行います。全身麻酔を安全にできるかどうか、血液検査やX線検査などで全身の状態をチェックします。
 もし、麻酔前検査で他の病気が分かった場合、その病気の種類や程度によっては歯科処置が延期されることになります。まずは、その病気を治療し、ある程度、安全に全身麻酔をかけることが出来ると判断されれば、歯科処置を行います。

3 歯科処置の予約
 歯科処置は麻酔下となるため、原則として予約制になります。
 (STEP1~4を同日にやることも可能です。その場合は、当日、絶食等も必要となりますので、まずは事前に電話でご相談ください)

4 歯科処置 当日
 前日の夜9時以降は食事を与えないでください。お水は朝7時頃から与えないでください。午前中に動物病院へ連れて行きます。
 お預かりした後、鎮静薬や鎮痛薬を用いて不安や痛みを取り除き、麻酔下で安全に歯科処置を行います。

歯周病がひどくなるとこんなことに・・・。

外歯瘻(がいしろう)/内歯瘻(ないしろう)

炎症が、歯の根っこまで及び、その周囲の骨が溶けて皮膚まで穴が開き、頬から出血したり(外歯瘻)、歯肉に穴が開いて出血したり(内歯瘻)します

口鼻瘻管(こうびろうかん)

犬歯などの歯の根っこまで炎症が進んだ結果、骨が溶けて、鼻と通じてしまった状態です。クシャミや鼻水、鼻出血などが見られることも多いです。

下顎骨骨折

歯周病が進行して、下のアゴの骨が溶けてしまうと、硬いものを咬んだり、外からの衝撃が加わったりしただけ、下顎骨が簡単に折れてしまうことがあります。

麻酔をかけないで歯石取りって出来ないの??

 人と同じように、全身麻酔をかけないで歯石取りが出来たら、いいと思いますよね?
しかし、ワンちゃんや、ネコちゃんは、私たちと違って、ずっと口を開いたり出来ません。無理に口をあけて、歯の処置をすれば、怪我をさせる可能性が有るだけでなく、苦痛を与え、精神的にも恐怖を感じさせてしまいます

 また、表面の見える部分をきれいにしても、歯と歯の間や、裏側、歯周ポケットの部分は、舌が邪魔したり、痛み伴うので、全身麻酔下でないと処置できません。実は、ここを掃除することが歯周病予防には肝心なのです。

 その部分ができないのでは、きれいにする意味は、ほとんどありません。歯周病を改善出来ないばかりか、健康な部分まで傷つけることもありますから、大変危険です。

これは、日本小動物歯科研究会および米国歯科学会でも同様の理由により、歯石除去・歯周病治療において、全身麻酔の必要性はあるとされています。

当院では全身麻酔下で安全に正しく処置をしております。

病院会員『リンリン会員』のご案内
専門外来(皮膚科・腫瘍科)
ネコ専門診療時間『キャットアワー』のご案内
時間外診療について
献血ドナーの募集
©2015 Link Pet clinic.All Rights Reserved.
患者様ご来院エリア:海老名市 綾瀬市 座間市